MENU

理性錯乱近親相姦 欲求不満の母がいる家庭では一緒に暮らす息子の勃起染みに発情して近親相姦が起こる時がある!

  • URLをコピーしました!

作品詳細

タイトル
理性錯乱近親相姦 欲求不満の母がいる家庭では一緒に暮らす息子の勃起染みに発情して近親相姦が起こる時がある!
再生時間
120分
ジャンル
お母さん, 巨乳, 近親相姦, 熟女, デジモ, 中出し, ハイビジョン
女優
大橋ひとみ, 多田淳子, 村上静香

多田淳子…私は、夫を亡くし、息子と二人暮らし。ある朝、息子を起こそうと部屋にきて布団を剥いだ時、私は息子の勃起チ○ポに、唾を飲み…。大橋ひとみ…私は、働かない夫に嫌気がさし、息子を残して実家に帰った。ある日、風邪で寝ている息子から私に頼って連絡がきた。看病をしている途中、息子のチ○ポが徐々に勃起していく。久しぶりの勃起チンポに徐々に惹かれていってしまった…。村上静香…私は、売れない作家の息子がいる。息子に風呂場から呼ばれ、扉を開けると勃起している息子のチ○ポを見入ってしまう。そして変に意識し始め…。

作品レビュー


  • 母子相姦の王道パターン3本

    多田淳子、大橋ひとみ、村上静香が息子と相姦する母親を演じる。文字数の関係で1・2話のみレヴュー。1話では、夫を亡くした「多田淳子」が、緑の半袖シャツと白いニットのタイト・スカートを着けて、キッチンで卵焼きを作る。子供部屋で息子「隆太」(阪本隆太)を起こそうし、朝勃ちに気づく。触ろうとして、思いとどまる。子供部屋を掃除し、AVやエロ雑誌を見つけて胸を揉む。シャツをたくしあげて水色のブラをはだけて乳首をつまみ、スカートをまくって股間をまさぐる。茶色いタイト・スカートと白いキャミソールの上にピンクのカーディガンを羽織って、隆太を起こす。トランクスの股間に触り、口をつける。トランクスを下ろして手コキ、即尺。目覚めた隆太に「え、何やってんだよ、ちょっと」「いいじゃない」と、カーディガンとキャミソールと水色のブラを取って乳首コキ、パイズリ。ショーツを下ろしてマンコキ。「いや、ちょっ、ちょっとまずいって」「ええ?」「あぁ、入っちゃったじゃん」と騎乗位で筆下ろし。乳首や背中や陰核を舐められ、指マン。後背位と後側位で突きまくられる。正常位で「あ、出ちゃいそう。我慢できないよ。出していい?」「私もイキそうっ」「ああっ」と胸射される。2話では、定職に就かない夫に呆れて実家に戻った「大橋ひとみ」(ジャケ写の女優)が、発熱した息子「裕介」に救けを求められる。夫は競馬に出かけていないというので、取るものもとりあえず駆けつける。布団の裕介に栄養ドリンクを飲ませ、清拭。勃起した陰茎に息を呑む。白いキャミソールと薄桃地に青い花柄のタイト・スカートを着けて、裕介を見舞えば、夫に毒づかれる。夫の無責任ぶりを嘆くと、退散される。裕介を清拭し、また勃起に気づいて喘ぐ。ブリーフを下ろしてタオルで内腿を拭き、手コキ。「触ってほしいんだろ」とスカートをまくられて股間をまさぐられ、胸を揉まれる。「お母さんも、お母さんもちんぽ欲しい」と即尺。キャミソールと水色のブラをはだけて乳を揉まれる。ショーツを下ろして騎乗位で筆下ろしし、舌を絡め、乳首を吸われる。後背位で「あ、あ、出、出、出ちゃいそう」「そのまま、そのまま出して」「あっ」と膣内射精。和室で酔い潰れた夫を横目で見ながら、ダイニングで裕介に白いキャミソールをたくしあげられ、紺のスカートをまくられて紫のショーツを下ろされ、立ちバックで突きまくられる。

  • 作品画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次